【錬金】黄色の小瓶“染料”のお値段は?

布系高級装備に欠かせない錬金アイテム。

前回に引き続き、今回は染料の「染料」についてです。

 

はじめに

 

染料に分類されるアイテムは12種類あります。

黄色の瓶(染料)、
赤茶色の瓶(オイル)、
青色の瓶(研磨剤)の分野に分かれていて、
それぞれ4種類あります。

 

オイル、研磨剤についてはこちらの記事をどうぞ。
 ↓ ↓ ↓
⇒【錬金】染料オイルでお財布も潤うか? 

⇒【錬金】研磨剤で金策する場合は注意が必要 

 

染料は
「ひげ根の染料」「小葉の染料」
「柔茎の染料」「強香の花染料」
があります。
順番に見ていきましょう。

 

「ひげ根の染料」について

 

「安定した黒炭の粉x3」「クローバーx20」「バラx20」
が材料になります。

錬金熟練度「0」から製作が可能です。

 

「ワークマン」「プロフェッショナル」装備や「美しい色の生地」、
「開放された次元のサンライト呪文書」の材料になります。

 

【ひげ根の染料】

取引量に若干波がありますが、価格は比較的安定してそうです。
(ガクッと相場が下がっているところは出展価格の設定ミスの可能性が高そうです)

 

「小葉の染料」について

 

「安定した黒炭の粉x5」「ヤグルマギクx30」
「ユリx30」「グリーンサンゴ礁x20」が材料になります。

錬金熟練度1万から製作が可能です。

 

「アルチザン」「マスター」装備や雲の心地な生地、
一部布装備などの材料になります。

“見習い○○の帽子”などの布装備は、暁露装備の登場で影をひそめてしまいました。
しかし、「外見素材」としては優秀なデザインです。

 

【小葉の染料】

取引量、価格ともに安定してます。
今の状態であればこれくらいの相場でこれからも推移していきそうです。

 

「柔茎の染料」について

 

「安定した黒炭の粉x9」「サボテンx40」「ペパーミントx40」「パールx20」「コショウx5」が材料になります。

錬金熟練度2万から製作が可能です。

 

「マエストロ」「エペリウム」装備品の材料になります。

 

【柔茎の染料】

利用幅が減りますが、布装備人気もあるため、それなりの取引量があります。

価格も安定しているので、購入しやすいのも利点です。

 

「強香の花染料」について

 

「安定したキール浄水x3」「ケシx50」「サフランx50」
「輝く水埃x10」「クリx10」が材料になります。

 

ここで、注意点があります。

万能製作台で出来る“大量制作”の場合、材料が変化します。

大量制作の場合はサフランではなく、ヒマワリが必要になるので注意が必要です。

 

主に「デルフィナード」「エアナード」装備の材料になります。

 

【強香の花染料】

同段階のオイルと比べると取引量は少ないですが、研磨剤よりは多いです。

装備種類のシェア率がそのまま影響していそうです。

取引、価格ともに安定しています。

 

まとめ

 

研磨剤よりは安定感があるので、比較的金策に組み込みやすい染料です。

材料になる植物が自生している場所が多いので、
各地を集めて回ることで製作費用が抑えやすそうです。

研磨剤のように、材料が余っていたら作って売る。
くらいで良いかもしれませんね。

 

らず

 


コメントを残す