【縫製】“細工毛糸”。実は粗利率が高いんです。

細工毛糸は材料を揃えるのが少し面倒な分、利益率が高くなっているのかもしれません。

今回は「細工毛糸」についてです。

 

はじめに

 

細工毛糸の用途が増えたため、需要が上昇したという点も見逃せません。

「居心地のいい〇〇の畜舎」や「暁露のレザー装備」への用途になった
ことが大きいでしょう。

 

また、ヤタとシロクマの育成も以前よりハードルが上がりました。
(子ヤタ、子シロクマともに生活ポイントでの購入になったため)

 

「細工毛糸」について

 

「ヤギの毛x10」「ヤタの毛x3」「クマの毛x8」が
材料になります。

1度の製作で細工毛糸が10個できます。

 

【細工毛糸】

日々数千以上の取引がされている市場です。

材料の調達(特にヤタの毛とクマの毛)の影響もあり、相場が若干不安定です。

しかし、
現在では材料をオークション購入しても、約50%以上の粗利があります。

 

まとめ

 

ブリーダー業をやっている方は、
「ヤタの毛」や「クマの毛」が余りがちになるかと思います。

縫製での収入も視野にいれるのであれば、
ヤギの毛を買って、細工毛糸を作って副業収入。

というのも良いかもしれませんね。

 

らず

 


コメントを残す