【狩り】「ムーンの粉、欠片、結晶」クレセント素材で金策

金属の箱を開けると、ムーン系素材が手に入ります。

 アーキエイジ開始序盤では自分用として利用できないことが多く、
ほぼ必要ない素材と言えます。

今回は「ムーン系素材」についてです。

 

はじめに

 

金属の箱からは主にムーン系素材が手に入ります。
(特定個数開封時に、強化石や幸運石の欠片などの排出もあるようです)
 ↓ ↓ ↓
⇒【狩り】取引可能な新アイテム「金属の箱」は儲かるのか? 

 

強化石や幸運石の欠片目的で金属の箱を開けていると、
ムーン系素材がどんどん貯まっていきます。

クレセントストーンを自作する予定が特になければ、
インベントリや倉庫の肥やしになるのでどんどん売った方がよいでしょう。

 

ムーン系素材は「レッドムーンの粉、欠片、結晶」
「ブルームーンの粉、欠片、結晶」の6種類
があります。

レッドムーンは「クレセントストーン(赤)、(黄)、太古、千古」。

ブルームーンは「クレセントストーン(青)、(緑)、太古、千古」
材料になります。
(粉は怨念のクレセントストーン、結晶は静かな朝の月夜石の材料にもなります)

 

それぞれいくらくらいで売れるのか、順番に見ていきましょう。

 

「レッドムーンの粉」について

 

微光なクレセントストーン(赤)、(黄)
微かなクレセントストーン太古、千古の材料になります。

エリア専用の「怨念のクレセントストーン」の材料にもなります。

 

【レッドムーンの粉】

取引量は多いです。価格は現在若干右肩上がりになっています。

クレセントストーンを製作するプレイヤーの多さによって、相場が左右されやすいです。
(記事作成時はオークション在庫が枯渇気味でした)

 

「レッドムーンの欠片」について

 

鮮明ななクレセントストーン(赤)、(黄)、太古、千古
材料になります。

 

【レッドムーンの欠片】

取引量も多く、価格も比較的安定しています。

1つ1金50銀前後で取引されています。

記事作成時はオークション在庫が枯渇気味でしたので、かなり高騰していました。

 

「レッドムーンの結晶」について

 

澄んだクレセントストーン(赤)、(黄)
玲瓏なクレセントストーン太古、千古の材料になります。
(“れいろう”と読みます。)

「静かな朝の月夜石」の材料にもなります。

 

【レッドムーンの結晶】

1つ十数金で取引がされています。

結晶のオークション在庫も枯渇していたので、どなたかが
クレセントストーンを製作する為に大量に買い込まれた可能性が高いです。

ムーン系材料はこういった流れが起きやすいです。

 

「ブルームーンの粉」について

 

微光なクレセントストーン(青)、(緑)
微かなクレセントストーン太古、千古
の材料になります。

「怨念のクレセントストーン:鉄壁」の材料にもなります。

 

【ブルームーンの粉】

取引量の多い日と少ない日の差が激しいようです。

入札開始価格の設定ミスだったのか、日によって価格に波が起きてしまっています。

 

「ブルームーンの欠片」について

 

鮮明ななクレセントストーン(青)、(緑)、太古、千古
材料になります。

 

【ブルームーンの欠片】

レッドムーンの欠片と比べると値段が高く、取引量は安定しています。
防具に装着できるクレセントストーンの需要が高いことがわかります。

 

「ブルームーンの結晶」について

 

澄んだクレセントストーン(青)、(緑)
玲瓏なクレセントストーン太古、千古の材料になります。

「静かな朝の月夜石」の材料にもなります。

 

【ブルームーンの結晶】

1つ十数金で取引がされており、取引量も安定しています。

緑色のライン(当日平均価格)がガクっと下がっているところは、
恐らく、入札開始価格の設定を間違えてしまっていたのではないかと思われます。

 

まとめ

 

防御系クレセントストーンの材料になるブルームーン系素材は
レッドムーン系素材に比べると価格、取引量も比較的安定しています。

理由としては、防具は武器に比べると装着部位が多いためと考えられます。

 

欠片以上だと1つ数金以上で単価が高いので、
高額売り上げがたちやすいですね。

ムーン系材料を自分で使わないのであれば、どんどん売って稼いじゃいましょう!

 

 

ただ、最近記事作成時に少し気になっていることがあります。

というのは、相場表を見ていると、
入札開始価格の設定ミスと思われる価格が多いような気がしてなりません。

特に単価の高い物を出展する時には、入札開始価格を間違えてしまうと
せっかくの稼げるチャンスを失くしてしまう可能性が高いので注意したいところです。

アーキエイジを始めたばかりで、オークションの出展方法がよくわからない場合は、
こちらの記事を参考にしてみてくださいね^^
 ↓ ↓ ↓
⇒オークションを活用しよう

⇒オークション出展販売のコツ!

 

らず

 


コメントを残す