【農業】プロの農家はさらにひと手間。「エコロジー燃料」で金策

農夫の作業台や改良型カボチャカカシで「エコロジー燃料」を作ることが出来ます。

トラクターや車などの一部乗り物の速度ブースト時に使用されます。

今回は「エコロジー燃料」についてです。

 

はじめに

 

atatakaitaihiwarataba1

穀物や畜産物を採集していると、稀に獲得できる「温かい堆肥」と「わら束」

わら束は「家畜用総合飼料」として利用されることが多いです。

(家畜用総合飼料についてはこちらの記事をどうぞ。 ↓ )
⇒【畜産】のんびり農家暮らし。家畜用総合飼料で金策 

 

一方、温かい堆肥はエコロジー燃料以外の素材になるのは「有機肥料」のみです。

有機肥料は使う機会が少ないので、畜産をしていると温かい堆肥が貯まりがちです。

 

ecoziten

そこで、わら束と合わせて
「エコロジー燃料」を製作すると堆肥も有効活用しやすいです。
(農業熟練度「0」から製作が可能です)

 

新エリア開放により貿易ルートの距離が延びたため、
エコロジー燃料の消費が多なりました。

農業プレイ中心の方は、堆肥とわら束で一工夫することで
農業での金策がさらにやりやすくなります。

 

農業熟練度を上げたい方にもオススメです。

 

「エコロジー燃料」について

 

econenryo

トラクターなどの乗り物速度をブーストしない方には、
全く不必要なアイテムです。

しかし、エコロジー燃料を使った場合、乗り物速度が飛躍的にアップするので
リアル時間をかなり節約できます。(移動にかかる時間)

いかにタイミングよく、より速く、より多く運ぶかが貿易にとって
重要な要素の一つなため、エコロジー燃料を使用している方は非常に多いです。

 

【エコロジー燃料】
econenryosouba

比較的安定した相場になっています。

現在の相場で見ると、
堆肥とわら束をそのまま売るよりも、約2倍近い売り上げになります。

 

実際、貿易品を運ぶ距離によっては、エコロジー燃料を作るより稼げたりします。
(エコロジー燃料を作る分の労働力を貿易品製作に回せるため)

貿易のプロの方は、エコロジー燃料を購入したほうが貿易で稼げる。
ということを知っていることが伺えます。

 

まとめ

 

新貿易ルート以外でも、血盟クエストの荷物運びなどで以前より
エコロジー燃料を消費する機会は増えています。

今後も安定した相場になっていきそうですね。

 

農業熟練度は、生産分野では熟練度を上げにくい分野です。

農業熟練度が上がると労働効率が良くなるので、早く農業熟練度を上げたい方は
エコロジー燃料製作販売も手掛けるとよさそうですね。

 

らず

 


コメントを残す