【オーキッドナの憎悪】新エリア、いよいよ開放の時!~2016.12.14~

大型アップデートの日が、アーキエイジメンバー公式サイトで公開されましたね。

残り約3週間ほどですが金策チャンスの為、それまでに色々と準備しておきたいものです。

今回は新エリア開放で予想される金策についてです。

 

はじめに

 

公式サイトでアップされている新エリアの動画です。
バックで流れているBGMはそのエリアのBGMになるのでしょうか。
新エリアの風景を見ると、さっそく探検したくなってワクワクしますね。

 

【ロカロカ山脈】
rokarokamap

【レッドホット】
redhotmap

東大陸は2エリア。

 

【ブロンズロックマウンテン】
rockmap

【太初のゆりかご】
yurikagomap

【ハヌイの床】
hanuimap

西大陸は3エリア
の新しいエリアが追加されます。

 

エリア開放でまず期待されるのは「建築ラッシュ」

これは貿易的に見ても、気候を生かした農業(畜産)にしても
両方の需要から建築ラッシュが起きる可能性もあります。

エリアの雰囲気で移住を考えるプレイヤーもいるかもしれませんね。

各マップ4か所もの住宅地が追加されるので、必ず家の建築はあるでしょう。

 

また、アーキエイジCMが配信されることもありそうで、そうなると、
復帰プレイヤー、新規プレイヤーが増える可能性も十分あります。

ですので、既存プレイヤー、復帰プレイヤー、新規プレイヤーなど、一気に建築素材の需要が高くなる可能性を秘めています。

 


 

次いで期待されるのは「貿易」に関してです。

現状、どのようになるのか公表はされていないですが、追加エリアを見る限り金貨商人と、貿易品製作台との運搬距離が長くなる(利益が大きくなりそうな)エリアも見受けられます。

特産品の予想が出来ればよいですが・・・

詳しくは実装後に検証してみたいと思います。

 

建築材について

 

特に石材、木材の需要が高くなります。

どれくらいのプレイヤーが新しく新居を構えるかは不明ですが、例えば
「ブルータワー邸宅」の建築にかかるプレイヤーが多くいた場合、
現状の市場在庫では全然足りなくなる可能性が高いです。

 

そうなると、
石材、木材の価格が一気に向上する可能性は十分あります。

【石材】現在の相場
sekizaisouba1

 

【木材】現在の相場
mokuzaisouba1

過去の建築ラッシュと、今の相場を考えると、石材は100個約60金。
木材は100個約45金程まで高騰する可能性はあります。
(木材は50金台になる可能性も・・・)

 

残り約3週間の間に貯められるのであれば、その時に売りに出したほうがよさそうです。

逆に、アップデート直後に建築を考えている方は、
今のうちに材料を買い込んでおいた方が、出費が少なくて済むかもしれません。

 

図面について

 

アーキエイジを長くプレイしていいる既存プレイヤーは、
デルフィナードの星が余っている方が多いと思います。

dehuhoshi1

星そのものは取引ができませんが、図面にすることで取引が可能にります。

 

特に、新規プレイヤーの方が欲しがる図面として主に、「草屋根の農園図面」
「〇〇の加工製作台図面」「貿易船図面」「トラクター図面」
など
があります。

これらの図面を代理購入して販売。という方法で一時的に金策が可能になりそうです。

 

この場合を考えても、建築素材は売れそうですが、
トラクターの素材で金策もできそうです。

rakurai1

【落雷した木】
rakurai1souba

特にこの素材の入手が困難なので、一時的に需要が高まりそうです。

 

合わせて、炎の丸太の需要も上がりそうです。

アーキウムを宿す丸太は炎の丸太よりも入手しやすいため、
相場に動きがあるかは微妙なところです。

 

まとめ

 

新エリア開放で、市場がどう動くか未知数なところが多いです。

貿易ルートが一新されれば、現状の貿易品素材が売れなくなる可能性も高いです。
逆に売れていなかった素材の需要が一気に高まる可能性もあります。

 

しかし、住宅建築に関しては、
過去のエリア追加の経緯からすると
ゆるぎない可能性が非常に高いです。

 

12月のアップデートで、何が変わるのか楽しみですね。

今のうちに備えられることは備えておきたいものです。

 

らず

 


コメントを残す